大腸がんの治療法|脂っこいものはほどほどに

検便の検査で分かる病気

検便の検査で気付く

笑顔の男女

検便検査をする事で何が分かるのかよく知らないまま検査を行っている人は多くいます。消化器系の異常が分かる検査であり、検便検査によってがんの発見に繋がる事もあります。便に血が混じる状況というのは、様々な病気によって起こり大きな病気からちょっとした病気が原因でも出血するので見た目だけでは判断できません。胃炎や胃潰瘍など粘膜の表面が炎症をする事で出血したり、切痔などによっても出血します。がんなどの大きな病気で出血する事もあるのですが、見た目には判断しづらく検便検査で詳しく検査する事によって発見する事が出来ます。検便検査によって大腸がんなどの重大な病気を早期に発見した場合には、内視鏡検査などによって詳しく調べる事が重要です。

検便の検査で大病を治療

検便検査によって早期に発見する事ができる大腸がんの治療には、様々な治療方法があり段階によって異なります。早期に発見できる事で内視鏡治療などで治す事が出来るので、出来るだけ早期に発見する事が大切です。検便検査をする為に体調が悪かったり便が出なかったりどうしたら良いか不安であるという人は、何日も前から便を取っておいて検査に出すという事を考える人もいますが、その事で結果に異常が出る可能性があります。生理の時に検便検査をしなくてはならない場合には、便に血が混じってしまい陽性反応が出る可能性がある為、医師に相談して中止をする事が理想的です。また下痢の時には採取する事が困難になるため、未採取として正しい検査結果を出す事が難しくなるため、こちらも医師に相談する必要があります。