大腸がんの治療法|脂っこいものはほどほどに

がんを治療する医師

資格を保有している

ナースと患者

がんは生活習慣やストレスなどさまざまな原因で起きる病ですが、転移のしやすさや再発のしやすさから適切な治療と対応が求められます。体中のどこにでも起こる可能性があるので、患部により治療が異なる場合もあります。また、原因によっても治療方法が異なります。数あるがん治療方法の中で、どの方法を行うか・他の治療を合わせた方が良いか・経過の見通しなどの判断は医師が行います。がんが発生した部位により担当となる科が決まるイメージですが、がん治療全般に対応できる医師が存在しています。そのような医師はがん治療認定医という資格を保有しており、がん治療の基礎や臨床腫瘍学という知識の勉強をして技術も習っています。がん治療はがん治療認定医がいる病院で行うと、適切に行えると思います。

がん患者は増加傾向にある

日本では胃がんによる死亡率が高い傾向にありますが、食生活が欧米化したり栄養バランスの悪い食事をしている人が増えたために大腸がんになる人も増えています。また肥満も増加傾向にあるため、生活習慣病の増加も心配されています。国民の食事の変化に加えて、ストレスも問題視されています。現代は年齢問わずストレスを抱えている人が多いとされ、そのストレスをうまく解消できていない人も多いといわれています。がんはストレスにより発生することが知られているため、不摂生であったり不規則な生活が合わさるとがんリスクが高くなります。がん治療は進歩しており認定医も存在しているので治療は適切に行われやすい時代ですが、健康を作ったり保つのは自分自身なので生活や自分を見直して健康を意識してほしいと思います。