大腸がんの治療法|脂っこいものはほどほどに

がんを治療する医師

ナースと患者

がんは転移や再発の危険性が高いことから、治療には正確な判断が求められます。がん治療に詳しいがん治療認定医の資格を持つ医師が現代にはいるので、治療を行う際は資格を持つ専門の医師がいるところで行うと良いと思います。

検便の検査で分かる病気

笑顔の男女

検便検査によって、大腸の大きな病気を早期に発見する事が出来る為、正しい方法で検便検査を受ける事が大切です。見た目では判断しにくい便に混じった血を検査する事が出来る為、体調に異変を感じていなくても検便検査を受ける事が重要です。

40歳を過ぎたら定期健診

大腸がんの効果的な治療方法を知りたいという方に見てもらいたいのがこちらのサイトです。健康な体を取り戻しましょう。

初期の自覚症状がない

ドクター

大腸は、盲腸から上に伸びる形で上行結腸があり、今度は横に向かって横行結腸があり、さらに下に向かって下行結腸があります。そこからS字型になったs状結腸を通り直腸、肛門と続きます。長さはおよそ2メートルもあります。大腸がんの中で、日本人に多く発生するのが、S状結腸と直腸です。大腸がんの発生件数は年々増加傾向です。日本人には少なかったがんですが、ここ最近は欧米並みの水準にまで増加しました。女性より男性の方が発生率が高いようです。大腸がんは、良性ポリープが何らかの原因でがん化する場合と、正常な粘膜から発生する場合もあります。初期のころは、自覚症状がほとんどありません。よく言われるのが血便ですが、痔と勘違いしてしまう人もいます。血便が出るころには、がんはかなり進行しています。

脂っこいものはほどほどに

大腸がんの原因は、いろいろありますが食生活の乱れもあります。食の欧米化がすすみ、脂っこいものや肉類を多く食べるようになってきました。脂肪分は腸に滞在する時間が長いことから、発がん物質も同様に長時間、腸にとどまることも原因の一つだと言われています。アルコールの過剰摂取とも因果関係があるようです。野菜など食物繊維の多い食品や、脂肪分のすくない肉や魚を食べることで、大腸がんの発生リスクを下げます。適度な運動も取りいれることが大切です。大腸がんの発生は、40代から増え始めます。初期症状がほとんどないため、1年に1度定期健診を受けることが大切です。早期に発見、治療できれば、完治する可能性が高いがんです。発見が遅れると、がんが転移し治療が困難になります。早期であれば、内視鏡で簡単に切除できるので、治療も楽です。バランスのとれた食生活と適度な運動で、治療よりも予防に努めましょう。

がん攻撃要員の育成術

医者と看護師

がんの全身治療として普及している抗がん剤は、副作用と同時に免疫力も低下させてしまいます。免疫治療は逆に免疫力を高め、全身のがん細胞を退治しようという方法です。中でも活性化自己リンパ球療法は免疫療法の中で最も広く実施されています。患者さんの血液から採取したリンパ球をがん細胞攻撃要員として育てるのです。